情報寄せ集めサイト。話題・料理・ダイエット・健康・その他

ネットアソーテッド

旅行 海外旅行

【SIM購入比較】初めてのフランス旅行 現地のスマホネット環境はどれがお得?

投稿日:

先日初めてフランス旅行に行ってきました。

こちらでは初めてフランスに行く際に「スマホのネット環境」をどう用意するか?を紹介していましす。

 

フランス旅行!オススメのネット環境は?

この記事で紹介しているのは以下の方法です。

またそれぞれの簡単な特徴も載せておきますね。

 

日本でモバイルwifiを用意する

まずは最も簡単な方法「モバイルwifiを用意する」です。

こちらは以下の方に特にオススメです。

  • simフリー、simカードって何?という方
  • 2〜4人で海外に行く方
  • 簡単通訳機「ポケトーク」も使いたいと思っている方

モバイルwifiって何?

モバイルwifiとは「外出先でもネットが使えるように出来る端末」のことです。

手のひらサイズのこんな機械を借りることで、海外でもwifiを使えるようにするアイテムです。

一番有名なのはTVでCMなども流れている「イモトのWiFi」でしょうか。



モバイルwifiのデメリット

そんなモバイルwifiのデメリットは「料金」です。

旅行先によっても違いますが、1日あたり1260円〜1880円ほど。

一週間で1万〜1万5000円ほどの料金がかかります。

後ほど紹介するsimの購入に比べると、ちょっと高いなと思える料金です。

 

モバイルwifiのメリット

しかし高いだけあってメリットは大きいです。

  1. 準備がとにかく楽で簡単
  2. 複数人数で共有できる
  3. 現地の電源変換プラグもついてくる
  4. ポケトークが安く借りられる

1.モバイルwifiのメリット 準備がとにかく楽

海外旅行用にSIMカードを用意するとAPN設定(スマホでインターネットにつなぐための設定)を行う必要があります。

 

SIMカードは基本的に「現地に着いてからSIMを差し込み、電源を入れる」ということをする必要があります。

その上でAPN設定を行わなければいけないため「日本にいるうちに詳しい人にやってもらおう」ということが出来ません。

モバイルwifiはONにするだけ

モバイルwifi、こちらではイモトのwifiを例にすると、電源をONにしてレンタル機種本体に書いているパスワードを入力するだけです。

これだけ。めちゃめちゃ簡単ですよね。

また、事前に予約しておくことで

  • 当日空港で受け取れる(返却も空港で可能)
  • 最大20%の割引

というメリットもあります。

海外でSIMを探す手間や、自分のスマホに用意したSIMが合うか?という心配をしなくていいのは大きなメリットです。

公式ページ→イモトのWiFi

 

2.モバイルwifiのメリット 複数人数で共有できる

先ほど料金が高いと書きましたが、それは「1人旅」の場合。

モバイルwifiは複数人で使用することが出来ます。

機種などにもよりますが、イモトのwifiの場合は6人まで使えるものもあります。

ですのでレンタル料金が15000円だとしても、同行者で分割すれば

  • 5人 1人あたり3000円
  • 4人 1人あたり3750円
  • 3人 1人あたり5000円
  • 2人 1人あたり7500円

といった程度になります。

後ほど解説していますが、日本でSIMカードを用意すると1人あたり3000円ほどかかります。

そうなると3人ぐらいでモバイルwifiの料金を分割、というのは手間や安心さを考えると現実的な金額ではないでしょうか。

 

実際に私が行ったツアー内でもSIMカードがうまく認識せずに、フリーwifiのみを探してさまよっていた20代女性の二人組がいました……

せっかくの旅行でグーグルマップなどが使えないのはかなり不便ですよね。

万が一使えないかも……ということを考えると「安心を買う」という意味で判断するなら、正直イモトのwifiは高くないと言えます。

 

今回はフランス旅行、ということで記事を書いていますが、イモトのwifiの公式ページでは各地で使用する場合の料金が載っています。

海外旅行を考えている方、既に決まっている方は一度料金をチェックしてみてはいかがでしょうか。

公式ページ→イモトのWiFi

 

3.モバイルwifiのメリット 現地で使える「電源変換プラグ」もついてくる

海外旅行の場合、現地の電圧が違ったり、電源プラグの形が違ったりと、コンセントを使う際に注意が必要ですよね。

どれが使えるの?と調べるのも面倒ですし、電気屋やアマゾンで購入すると1000円くらいするところもあります。

 

しかしイモトのWiFiでモバイルwifiをレンタルすると、この変換プラグが「充電用機器」として付属します。

これが地味に嬉しい!!

加えて延長コードなどを持っていけば、スマホの充電や持参するドライヤーなんかも簡単に使用できますよね。

 

4.モバイルwifiのメリット ポケトークが安く借りられる

こちらはイモトのwifiのメリットです。

明石家さんまさんのCMで話題となった、超小型翻訳機「ポケトーク」をご存知でしょうか。

こちらは126の国や地域で使用できる小型翻訳機です。

 

イモトのwifiでは、オプションとしてこのポケトークもレンタルすることができます。

購入すると大体2〜3万円ほどするので、レンタルできるのはとてもありがたいですよね。

実際にポケトークを使ってみた感想

ネット状況やSIMに関しての記事ですが、ちょっとポケトークに関して触れさせてください。

私も旅行の際に使ってみましたが、想像以上に快適でした。

レンタルして良かったです。

動画で出ている一場面のように、長文の翻訳が微妙なこともあるかもしれません。

しかしポケトークが強いのは、もっと瞬間的な場面です。

 

私がレンタルしたポケトークは翻訳した履歴を出すことができたので、その一部を紹介します。

「レジ袋をもらえませんか」

「このサラダにフォークは付いていますか?」(スーパーにて)

「この電車は私たちが乗るもので合っていますか?」

「他で買ったパンを、外の席で食べても良いですか?」(カフェにて)

翻訳したのはこんな感じの簡単な質問。

ポケトークがなくとも、スマホをいじればグーグル翻訳でも似たようなことができます。

ただ「ちょっと面倒だから我慢しよう……」「聞きにくいなあ……」とか尻込みしてしまうんですよね。

 

「翻訳なんてスマホでも出来る、グーグル翻訳が超優秀」と思っていたのですが、文字を入力するのと音声をさくっと翻訳してくれる専用機ではスピードが大きく違います。

実際スマホは持ってるけどポケトークは持っていない、という方のほとんどが、店員さんに質問したりしないんですよね。

ポケトークをレンタルしたことで「聞く勇気」や「質問する勇気」が出たのは確かだと思います。

振り返ってみても、質問したことを後悔したことはありません。すごく良い投資だったと思います。

 

日本でsimカードを購入する

渡航先のSIMを日本にいるうちに買ってしまう方法です。

時間を短縮できる上に、ネット環境を安く用意できるこちらの方法。

SIMフリーって何?SIMカード?という方以外にとてもオススメです。

 

海外旅行のSIMはアマゾンで事前に購入!

渡航先のSIMを用意する方法として、空港で購入する方もいらっしゃいますが、事前にAmazonなどで購入する方が安いのでオススメです。

 

SIMカード購入 空港とアマゾンの比較

例えば「Wi-Ho!SIM ヨーロッパ周遊」という成田や羽田の店舗でも販売されているSIMカード。

アマゾンでは送料無料で3300円で販売されていますが、店頭では3900円で販売されています(2019.06時点)

 

ユーロとの為替相場で値段変動の可能性もあるため、よりお得なSIMを探したい方はアマゾンで「フランス SIM」や「ヨーロッパ SIM」といった単語で検索してみてください。

音声回線付きのものや、容量、回線速度で値段も様々なものがあります。

ちなみにこちらの商品はSIMピンが付いていません。

SIMカード選びの際に「SIMカード取り出しピン付属」かどうかはチェックした方がよいでしょう。

手元にない方は同時に購入をオススメします。

 

日本でSIMカードを買うメリット

日本でのSIM購入は、後ほど紹介する「SIMの現地調達」よりも1000円〜2000円ほど料金はあがります。

 

しかし英語や現地の言葉を使うことなく「SIMカード」を入手できるのは大きなメリットです。

フランスでは自動販売機でSIMを売っているところもありますが(空港内には残念ながらないとのこと)

購入となればこちらの要望を伝える・スタッフが言っていることを理解することがある程度必要です。

【2019年版】フランスの最強格安SIMカード”free”の購入・設定方法を写真付きで徹底解説!

空港でのSIMを買う時間はある?

また私が参加したH.I.S.のツアーでは、到着時の空港での自由時間は「トイレ休憩と荷物の待ち時間」のみでした。

そのため「空港内でSIMを購入」という時間を取ることが出来ません。

 

事前に購入しておくことで「飛行機内でSIMの交換」をすることが出来るため、現地に着いてからバタバタする必要がありません。

 

このように、空港に付いてから大きな余裕がある方以外は日本にいるうちにSIMカードを購入しておくメリットはとても大きいです。

そしてSIMを購入する方はこちらの「SIMピン」も忘れずに用意しておきましょう。

一部のSIMカードには付いていないことが多いです。

 

現地でsimカードを購入する

最後の方法はこちら。現地でのSIMカード購入です。

今回紹介した方法の中で最も安いです。

さらには空港内で購入するよりも、市街地で購入する方が安いことが多いです。

 

もちろん後者の市街地で購入の方が難易度が高いです。

今回行ったフランスでは、空港内はフリーwifiが使用できるため「グーグル翻訳」なども使用できます。

しかし市街地へ行くとなると、その間スマホを使わずに電車やバスを利用することになるのでかなり上級者向けです。

フランスで買うオススメのSIMとその買い方

現地でSIMを購入する方法ですが、こちらは海外旅行初心者の私よりも有識者が解説しているのでリンクを貼らせていただきます。

シャルルドゴール空港内で買えるOrange Holidayの買い方

最新版 Orange Holiday フランス Simカード 使い方と設定方法 シャルルドゴール空港で購入出来るSimカード

国際電話可能な通話 120分、データ量 20GB、通信速度 4G(場所によっては3G)有効期限 14日間

で39.99ユーロ。

公式サイトも確認しましたがこちらのプランしか見つかりませんでした。

https://boutique.orange.fr/mobile

あれ、日本で買った方が安いかも……。

 

次にパリ市内で購入する方法

【フランスSIM】現地SIMカードの通信プランの説明とおすすめSIMカードについて

通話無制限(日本へは固定電話のみ・携帯はEUR 0.19/分)データ量 100GB(!?)、通信速度 4G(場所によっては3G)有効期限 31日間

価格:19.99+SIMカード料金 10ユーロ(約3700円)

 

データ量はかなりお得間がありますが、数日〜2週間程度の旅行ならやはり日本で買っちゃった方が……と思える料金ですね。

アマゾンで購入するのと比べて「この金額なら誤差だよなー」という方は日本で購入していくのをオススメします。

-旅行, 海外旅行

Copyright© ネットアソーテッド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.